« YTR-8335RS25TH再入荷!評判は◎♪ | トップページ | 前に修理出したのいつだっけ・・・意外な不調の原因かも? »

2016/01/24

半田付けはとれていませんか?

皆さんこんにちは。
今日はホルンの半田付けについて書いていきます。
半田付けでランキングを作ると実は金管楽器の中で1、2を争うほどホルンは半田付けが取れやすい楽器なんです。
さらにシングルかダブル、さらに言えばF管かB♭管かでも取れやすい場所が変わってきます。
楽器の構造によって前述のような差が生まれるのですが、今回はその中の一つをご紹介いたします。

まずはこちらをご覧下さい↓

Photo

こちらはダブルホルンの3番ロータリー側から見た抜差し外管です。
(上側に見えるのがF管、下側がB♭管です)
一見何の変哲も無く見えますが、この中で一箇所半田付けが外れている箇所があります。

Photo_2

実は上下の外管の真ん中の支柱が外れていました。
普段は非常に分かりづらいのですが、この部分がはずれることはよくあります。
この部分が外れる要因の一つがこちら↓

Photo_3

この写真の丸の部分がF管とB♭管とで接触してしまっているのですが、ここの曲がりのせいで先ほどの支柱部分に負荷がかかり外れてしまうのです。
ちなみに接触していると演奏時に「じーーっ」というような音がしますので心当たりのある方はチェックしてみてください。

Photo

通常時はこちらの写真くらい離れていますのでみれば一目瞭然です。
この3番抜差しのF管というのは一番出っ張る部分で楽器を抱える際によくベルごと手で握るように持ったり腕で抜差し管を支えるように持ったりすると取れやすくなってしまいます。

はずれた半田付けはほって置くと他の半田付けにも影響が出てきます。
本来であれば今回紹介した半田付けだと2箇所で済むはずでしたが、実際には5ヶ所分の半田付けを必要となりました。

半田付けに限らず早期発見早期対処が修理にとってとても大事なことです。
皆さんもなにか楽器に関して気になることがあれば是非一度カワウチ楽器までご来店下さい。
修理のみに限らずどんなご相談もお待ちしております。


~じんた~

|

« YTR-8335RS25TH再入荷!評判は◎♪ | トップページ | 前に修理出したのいつだっけ・・・意外な不調の原因かも? »

管楽器修理工房から」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502753/63142698

この記事へのトラックバック一覧です: 半田付けはとれていませんか?:

« YTR-8335RS25TH再入荷!評判は◎♪ | トップページ | 前に修理出したのいつだっけ・・・意外な不調の原因かも? »