カテゴリー「管楽器修理工房から」の198件の記事

2016/02/07

欠けちゃったらショックです(;д;)

皆さんこんにちは!
立春を迎えた今でも寒い時期が続いてますね(゚∇゚|||)
西東京市は、今日は気持ちの良い快晴ですが風が冷たくて強いですtyphoon

Photo

さて、今回は木管楽器の欠けについて書いていきたいと思います。
左の写真は、修理に持ち込まれた時の写真ですeye欠けてしまったベルのカケラが取り合えずくっつけられているという状況です。
おそらく応急処置だったのでしょう、かなり接着剤が目立ってしまっています(;´Д`A


Photo_2

作業する時は、まずこのくっ付いているカケラを取り出すことから始めますhairsalon
接着剤を取り除いて綺麗にし、取り出したカケラと一緒にグラナディラの粉を新しい接着剤で埋めます。
その後、ベルの形に合わせて成形し、削ります。

ベルは、一番目立つ部分でもあるので欠けてしまったらショックですよね(ノд・。)
ある程度見た目を元に戻すことは可能なので、ご安心下さいnote
大きさや場所、欠片の有無によっても修理金額が異なりますので、お店にいらしてくださいねcatface

あみーごpisces

| | トラックバック (0)

2016/01/31

前に修理出したのいつだっけ・・・意外な不調の原因かも?

皆様こんにちは!
先日まで気圧変化のせいで頭痛に悩まされていたかもしです(汗)

今回はフルートのお話です。
「定期的に手入れをしているのに、いまいち鳴りにくい・・・?sweat02」、「吹くとヂーthunderっと金属っぽい音がするsweat01
そんな風に思ったことはありませんか?

フルートは、3分割された管体を組み立てて演奏する楽器ですが、息を入れる頭部管には音を出すための秘密があるんです(笑)

下の写真部分を取り出すと…

Photo_2

こんな形のものが出てきます!

Photo_3

Photo_4

実はこれは天然のコルクなんです。これはヘッドコルクといって、フルートでいうタンポと同じ消耗品です。

早ければ半年程、遅くても1年位で交換が必要となってきます。
下の写真を見ていただくと、新しいものと古いものでは大きさがまったく違いますね(汗)

Photo_5

Photo_6

このように、ヘッドコルクは時間が経つと縮み、小さくなります。
先程の写真にもありましたが、ヘッドコルクは金属製のネジで留まっているので、縮んで隙間が出来ると異音の元になります。それだけではなく、普通に吹くだけでも十分な響きが得られないのです。
その為にも定期的な交換が必要なのです!

「前に修理に出した日が思い出せない…」と思うことはありませんか?
もしかすると、スッカスカのコルクが眠っているかもしれません(汗)

カワウチ楽器では、ヘッドコルクの交換は\1500(税抜)~で行っています。比較的短時間で済みますので、空いたお時間で是非いらしてください。

catfaceかもしcatface

| | トラックバック (0)

2016/01/24

半田付けはとれていませんか?

皆さんこんにちは。
今日はホルンの半田付けについて書いていきます。
半田付けでランキングを作ると実は金管楽器の中で1、2を争うほどホルンは半田付けが取れやすい楽器なんです。
さらにシングルかダブル、さらに言えばF管かB♭管かでも取れやすい場所が変わってきます。
楽器の構造によって前述のような差が生まれるのですが、今回はその中の一つをご紹介いたします。

まずはこちらをご覧下さい↓

Photo

こちらはダブルホルンの3番ロータリー側から見た抜差し外管です。
(上側に見えるのがF管、下側がB♭管です)
一見何の変哲も無く見えますが、この中で一箇所半田付けが外れている箇所があります。

Photo_2

実は上下の外管の真ん中の支柱が外れていました。
普段は非常に分かりづらいのですが、この部分がはずれることはよくあります。
この部分が外れる要因の一つがこちら↓

Photo_3

この写真の丸の部分がF管とB♭管とで接触してしまっているのですが、ここの曲がりのせいで先ほどの支柱部分に負荷がかかり外れてしまうのです。
ちなみに接触していると演奏時に「じーーっ」というような音がしますので心当たりのある方はチェックしてみてください。

Photo

通常時はこちらの写真くらい離れていますのでみれば一目瞭然です。
この3番抜差しのF管というのは一番出っ張る部分で楽器を抱える際によくベルごと手で握るように持ったり腕で抜差し管を支えるように持ったりすると取れやすくなってしまいます。

はずれた半田付けはほって置くと他の半田付けにも影響が出てきます。
本来であれば今回紹介した半田付けだと2箇所で済むはずでしたが、実際には5ヶ所分の半田付けを必要となりました。

半田付けに限らず早期発見早期対処が修理にとってとても大事なことです。
皆さんもなにか楽器に関して気になることがあれば是非一度カワウチ楽器までご来店下さい。
修理のみに限らずどんなご相談もお待ちしております。


~じんた~

| | トラックバック (0)

2016/01/10

2015年楽器事故のまとめ

明けましておめでとうございます!
本年もカワウチ楽器BANDPIT修理工房をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

さて、恒例となりつつある事故楽器のカウントを2015年に行いました。
今回からは、落とした、倒した、転んだに加え、newスワブ詰まりもカウントしています。
ちなみに、2014年の事故楽器一覧はこちらにまとめてあります!

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

【2015年楽器の事故数】
1月…7件
2月…7件
3月…2件
4月…6件
5月…3件
6月…4件
7月…12件
8月…11件
9月…0件
10月…6件
11月…4件
12月…3件

総数…65件

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

【事故種類】
落とした…32件
倒した…11件
転んだ…3件
スワブ詰まり…19件

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

という結果になりました。
今年は、特に7月・8月に事故が集中していました。
本番前に落としてしまった…という方が多かったですweep

落とした、の次に多かったのがスワブ詰まりです。 
重ねて注意ですが、スワブが詰まってしまったときは、無理に引っ張ったり塗らしたり切ったりせず、そのままお店まで持ってきてください!
そうしないと、外すのが大変になってしまいますdanger

それと、事故が起こったときは落ち着いて、楽器がどのような状態で、どちら向きに落ちたり倒れたりしたのか、私たちに教えてくださいね!そういった情報が、修理する時にも重要になってきますwink
事故が1件でも少なくなるよう、祈っています!

あみーごpisces

| | トラックバック (0)

2015/12/28

新年を気持ちよく!!

皆様こんにちは!
かもしですcatfacew

今年もあと残すところ3日となりました…
は、早い…Σ( ̄ロ ̄;)

今年最後の修理部門からは、ゾンビとなったバリトンサックスをご紹介したいと思います(笑)

バリトンサックスは他のサックスと違い、写真のようにネックの先がカーブしていますね。

1

実はこの部分(4番管といいます)、こまめにスワブを通さないと大変なことになるのですΣ( ̄ロ ̄;)

まず、4番管を外します。

2

Photo_3

中を覗いてみると…

Photo_4

見事なカピカピですΣ( ̄ロ ̄;)

お世辞にも衛生的に良いとは言えませんね(汗)
この汚れを綺麗にする為に、今回は洗浄を行いました!

洗い終わった後は…
こんな感じです!

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

真っ青だったものが綺麗になりました!
この汚れはトランペットなどの金管楽器にもよく見られます。

酷いものだと、演奏が困難になる事も…(・ω・` )
今のうちに自分が使っている楽器を綺麗に掃除して、気持ちよく新年を迎えましょう♩

まだまだ冷え込みそうですが、皆様健康に気をつけて下さいね!
ではでは、また来年が皆様にとって良い年になります様に…

良いお年を!

catfaceかもしでしたcatface

| | トラックバック (0)

2015/12/21

こんな凹みも直せます!

皆さんこんにちはsun
最近めっきり寒くなり私の周りでも体調不良を訴えている人が増えつつありますwobbly
皆さんも体調の変化には気をつけてくださいbearing

今日も金管楽器の凹みを書いていきますpencil
前回もセールのお知らせとともにベルの凹みについて書きましたが、今回は別の部分の凹みについてご紹介しますeye
まずはこちら↓

Photo

こちらはトロンボーンの抜差し管の頭管という部分ですが、演奏時に自分より後ろに構えることになる為よく、壁などにぶつけて凹ませていることがありますcoldsweats02
前回と違いまっすぐの工具が届く範囲ではないため高い修理料金が掛かりそうですが、なんとこちらもセール対象金額での修理が可能ですhappy02
曲がった管の先にある凹みというのは管の形や凹みのある位置によってもできるできないは変わりますが基本的に表面の凹みは修理可能ですので是非お持ち下さいcatface
完了後がコチラ↓

Photo_2

凹みはへこんでから時間が経つと金属自体が固くなってしまい直りにくくなったり、凹みの周りにキズが残ってしまっても修理後は跡が残ってしまうので凹みを直すなら出来てすぐに修理することをオススメしますdash

ちなみに今回の修理料金は
・通常料金で    \4,320-
・セール価格で \1,080-

セールは27日(日曜)まで行っておりますwink
セール対象の凹みは即日対応で承りますので是非お気軽にカワウチ楽器までお越し下さいhappy01

~じんた~

| | トラックバック (0)

2015/12/14

見落としがち?放っておくとヌルッと…

こんにちは♪
寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか~。
もうすぐクリスマス!xmas皆さん、クリスマスプレゼントはもう決まりましたか?
当店にもプレゼントにぴったりの商品を多数ご用意していますpresent
今年は特にクリスマスムードを出して、皆様をお待ちしております~happy02


Photo

さてさて、そんな楽しいクリスマスの話はさておき、今日も今日とて衝撃画像をお見せしたいと思います(゚ー゚;
左の写真は、バスクラリネットのベルの中を撮影したものです。
腐食が進んで、緑色の粉がふいていますヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
管体は皆さんスワブを通すと思うのですが、ベルはノータッチ…という方も多いのではないでしょうか。
ベルにも水分が溜まるので、ずっと放っておくとこうなってしまいますbearing
U字管部分がヌルッ…としている楽器も少なくありません(((( ´;ω;`)))


Photo_2

当店でベルを洗浄すると、このように綺麗になりますshine
腐食が進んだ部分は元には戻らないのですが、緑色の粉は綺麗になりましたね♪
楽器の品番によっては、針バネの交換などが必要な場合もあります。
是非是非相談しにきてくださいねhappy01

あみーごpisces

| | トラックバック (0)

2015/12/06

でこれーしょん???汗 ~引いてダメなら押す前に楽器屋さんへGO~

皆様、こんにちは~paper
今年も残すところ1ヶ月をきりましたね。早いものです・・・しみじみ(=´Д`=)

一段と寒くなってきましたし、クラリネット・オーボエの皆さんは管体の割れに気をつけてくださいimpact
この気温差のせいか最近お預かりする楽器たちも、普段の3倍くらいの割合で割れているものがやってきますsweat02

管体割れは重症なものになると、実質楽器を購入しなければならない事態になりますので、本当に気をつけてくださいねrain

さて先にもお話しした、管体木製の楽器で恐ろしいのが管体の割れです。
しかし、全ての木管楽器に起こりそうなトラブルといえば・・・

ずばり スワブ&ガーゼ詰まり です!!!

まずは下の画像をご覧下さい・・・

Photo

実はこの写真はサックス用のスワブの切れ端なのです。
どのように切れ端なのかというと・・・

Photo_2

Photo_3

shockおわかりいただけただろうか~shock

本来1枚であるはずのスワブが、4枚(ハート含む)になっていました・・・

元々はネックにスワブが詰まり、その修理を行うために預かったのですが、
楽器をしまう際、たまたまケース内に切られたスワブがあり、恐る恐る組み合わせてみると・・・
上の写真のようになりましたsweat02

このように、サイズが合わないものを使用したために、本来必要のない修理をやることになってしまいます。

もしこのようにスワブやガーゼが詰まっても、絶対に無理をせず、そのまま楽器屋さんへGO!です。
そして、楽器のお手入れは正しいサイズのものを使用し、正しい使い方を覚えましょうshine
ではでは~bleah


catfaceかもしcatface

| | トラックバック (0)

2015/11/29

管楽器の凹み直しはカワウチへ!

皆さんこんにちはsign05
最近めっきり寒くなってきてましたsnow
手元がかじかんでくると思わぬ事故が生まれやすくなるので皆さん気をつけてくださいbearing

金管楽器限定で凹み修理のイベントを実施予定
近日中に行われるクリスマスセールに合わせて金管楽器限定になりますが、凹み修理・1ヶ所¥500で行うイベントを開催予定しておりますhappy02
詳しい情報はセールの情報とともにホームページやチラシでも紹介する予定なので金管楽器の皆さんご期待下さいsign01

今回の記事はこんな修理も出来ますよsign03という紹介を兼ねて凹みの修理を書いていきますcatface
修理前がこちら↓

Photo

チューバのベル管の凹みですimpact
学校の備品はもともとベコベコで自分がつけたかも分からないような状態になっていること、良くあると思いますwobbly
コンクール会場でも凹んでいる楽器は客席から見ても非常に目立って見えますdespair
凹みは放置して時間が経つとともに修理が難しくなる上に表面のキズが目立つようになってしまうので凹みに気付いたらすぐ直すことをオススメしますdash

Photo_2

修理完了後はこちらです←
通常だと税込みで\4,320-はかかるところですが、今回予定しているイベントではこの修理も税込み\540-で出来ますshine
凹みの箇所によっては対象外もありますが、基本即日対応でお待ちしておりますので、是非この機会にカワウチ楽器までご来店下さいhappy01

~じんた~

| | トラックバック (0)

2015/11/15

凹んでる場合じゃない!

皆さんこんにちは!
11月も早くも半ばになり、年末が近づいてきましたね。
クリスマスや年末コンサートで練習が忙しい方も多いのではないでしょうか?

Photo

さて、今回はフルートの凹みについてご紹介します。
フルートや金管楽器は金属で出来ているから丈夫!と思っている方も多いかもしれませんが、実は簡単に凹みが出来てしまうんです。
譜面台にぶつけたり、机にぶつけたりするだけで、小さい凹みがすぐに出来てしまいますcrying
左の写真はかなり大げさな例ですが、特に学校楽器だとこれくらいの凹みは良く見かけますcoldsweats01


Photo_2

こちらが修正後の写真ですeye
凹みと一緒にキズが入っている場合、キズは消えないですが凹みは直すことができますhappy01
新年を迎える前に、凹みを直して気分スッキリさせてはいかがでしょうか?




あみーごpisces

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧